葛飾区 耳鼻科 耳鳴り 食道がん メニエル病 慢性副鼻腔炎

その他の病気について

睡眠時無呼吸症候群はどのような方法で診断するのですか?

 簡易型睡眠検査といって、自宅でできる呼吸と血中酸素濃度の変化をモニターする検査器械を貸し出して、ご自宅で2~3晩(2~3回)検査をして頂きます。飲酒する方は、お酒を飲んだ場合と飲まない場合の2晩(2回)は必ず検査をして頂き、飲酒による影響も含め診断します。

 検査後、当院の担当看護師が結果を解析して重症度を判定致します。重症な場合は一泊入院による更なる精密検査(終夜型睡眠検査)が必要となります。その際は睡眠検査を行っている専門病院へご紹介致します。

※検査を希望の方は、器械の数に限りがありますのでお電話にてお問い合わせ下さい。